下松市を全国にPRする大使たち

 平成21年に下松市市制施行70年を記念して、下松市の親善大使として「下松ふるさと大使」を市民の方から広く募集致しました。
 下松ふるさと大使は、下松市のまちづくりの核である「笑い・花・童謡」にちなみ、笑顔大使、さくら大使、童謡大使を任命し、下松市内外で広く下松の素晴らしさをPRする役割を担っています。
 第1期は大使3名、準大使3名の計6名を任命し、様々な行事等で活動して頂きました。2期目より大使3名を任命し、市内で開催されるさまざまな催しや、県外での市PRに携わっています。
 また平成27年度からは、下松笠戸島音頭の歌い手でもありますMIKKOさんを「くだまつ観光大使」に任命。県内外で広く活躍されると同時に、下松市を広くPRされています。

第4期 下松ふるさと大使

  • 笑顔大使上山 莉奈(かみやま・りな)

    笑顔大使 上山莉奈
    • 好きな食べ物
      オムライス、アイスクリーム
    • 趣味・特技
      柔軟性、歌を聴くこと
    • 下松の好きなところ
      下松には、映画館があり遊ぶところがあります。そして笠戸島などがあり、自然豊かな街なので、とても好きです!! この機会にもっと好きになりたいと思っています!
    • 大使になっての意気込み
      母の実家が下松で祖父母の家に約3年前から住み始めました。
      そこで、まだ知らない下松の魅力を私自身も学びながら、私の友達や地域の方々にも知って頂けるよう笑顔で頑張りたいと思っております!
    • メッセージ
      徳山大学では社会福祉士の勉強に励んでいます。そして留学生が多いこともあり、地域活動を通して、地域の魅力を知ってもらえるように学校でも活動をしています。この機会を通して、留学生にも下松の魅力を知ってもらい帰省してもらえるよう、また、たくさんの方に知ってもらえるよう私自身も学びながら、勉強と両立して、頑張りたいと思っております。よろしくお願いします!
  • さくら大使田中 雅基(たなか・まさき)

    さくら大使 田中雅基
    • 好きな食べ物
      日本料理(新鮮な魚)
    • 趣味・特技
      日本酒きき酒師
      テニス/スキー/音楽鑑賞
    • 下松の好きなところ
      豊かな自然と利便性が融合し同時にロマンティックな歴史に満ちたところ。
    • 大使になっての意気込み
      『情報発信』と『コミュニケーション』をキーワードに下松市の良さをアピールさせて頂きます。
    • メッセージ
      下松市笠戸島を離れて40年を経過しこの度Uターン致しました。郷里の良さを発信し地域活動へも積極的に参加したいと思います。
      下松の魅力を肌で感じて頂きたく是非お越し頂きたいですね。笠戸島のヒラメも下松ラーメン(牛骨味)それに花岡の日本酒もとても素晴らしいです。
      しかし、それ以上に豊かな自然を肌で感じて頂きたく思います。心よりお待ち申し上げます。
  • 童謡大使井上 光(いのうえ・ひかる)

    童謡大使 井上光
    • 好きな食べ物
      フルーツです。
    • 趣味・特技
      歌うこと、楽器演奏(ピアノやヴァイオリン)、幼い娘がマイマイクで出たいとせがむので娘とカラオケ大会に出場することです。
    • 下松の好きなところ
      人々が温かくて、自然が雄大なところ。下松市の皆様にどれだけ生活や子育てで助けられ、豊かな自然に癒やされたか分かりません。感謝しています。
    • 大使になっての意気込み
      “下松市、もう下松市(しもまつし)とは呼ばせない”
      これは、東京オリンピック開催2020年を控え、この重要な時期に下松市が観光都市としてさらに発展していく願いを込めて、自分に立てた目標です。広く国内外の方々に、下松市の魅力、ふるさとや童謡の素晴らしさを主婦目線・ママ目線からもしっかりとPRしたいと思っています。
    • メッセージ
      下松市には観光名所、特産物、名産物がたくさんあります。
      西日本屈指の夕日が望める笠戸島。国民宿舎大城で下松市名産の笠戸ヒラメやとらふぐを食べた後、絶景の夕日を見ながら温泉につかれば、思わず「はぁ~。極楽♥」という言葉が出てくるはずです。四季折々の花と緑あふれる米泉湖。間近で星が降るような迫力ある打ち上げ花火もおススメです。恋路スポーツ公園、近隣では珍しい大型スケートリンクや大型プール、ショッピングにザ・モール周南やサンリブ下松、新幹線や高速が近く交通アクセスが良いなど、下松市の紹介がこの欄で一度に書ききれないほどです。
      下松市は、山口県内でも常に人口や子どもが増えつづけ、全国住みよいランキング上位になるほど人気がある都市です。
      ★住みやすい(笑顔あふれた市民皆さんの温かさ)、
      ★子育てしやすい(小学校6年生まで医療費控除、子育て支援センターの充実など)、
      ★世界に誇る技術力・工業力(2017年イギリスへ新幹線を輸出)は周知されていますが、
      “笑顔・花・童謡”をスローガンに掲げ、豊かな都市づくり・人づくりを目指し躍動・急成長している下松市へ、是非とも遊びに移住しにお越しください!! 心よりお待ちしています。
  • 市内で開催されるさまざまなイベントに登場します!
    下松ふるさと大使を見かけたらぜひ声をかけてくださいね。

    • 任命式
    • 切戸川桜!桜!フェスタ2018

くだまつ観光大使

  • MIKKO(みっこ)

    MIKKO(みっこ) 下松市在住。幼い頃からピアノを習い、童謡に親しみ、音楽の楽しさに目覚める。
     高校卒業後、3年間音楽の専門学校で歌とゴスペルを学ぶ。21歳で上京し、シンガーソングライターとして本格的に活動を開始。
     2009年11月1stシングル「DEVOTION」でデビュー。2014年、故郷山口県に拠点を移しFM山口「MIKKOとヤスベェのHey!Girl Hey!Boy」のメインパーソナリティーを務めている。
     2014年には「下松笠戸島音頭」の歌手を務めるなど、世界中が「HAPPY SMILE=幸せな笑顔」で溢れる事を願い、下松市内外で活躍を続けている。

    ホームページ:MIKKO Official Website

  • 奥宮 俊祐(おくのみや・しゅんすけ)

    奥宮俊祐(おくのみや・しゅんすけ) 昭和54年6月18日生まれ、A型、埼玉県在住。プロトレイルランナー、くだまつ笠戸島アイランドトレイルプロデューサー。アディダスジャパン所属。
     中学・高校・大学と陸上部で長距離を続ける。中学から長距離を始め、大学(東海大)では箱根駅伝を目指すが選手にはなれず挫折を経験する。25歳の時に心臓に感じていた違和感の原因が不整脈と判り、手術を受け完全回復。その年、初めて日本山岳耐久レース(ハセツネ)を走り3位入賞。それ以来トレイルランに全力を注ぐようになる。
     2014年1月「HongKong100」7位、また同年7月にスイスグランデルワルドで開催された「アイガーウルトラトレイル2014」に招待選手として参加し6位入賞(日本人最高位)を果す。2015年にトレイルランニングを通じて、楽しい! を実現する団体「Funtrails」を設立し、ロングレース「FunTrails100K Round 秩父&奥武蔵」を開催。同年「ハセツネCUP・日本山岳耐久レース2015」で初優勝を飾る。
    奥宮俊祐(おくのみや・しゅんすけ) 2017年10月、フランス領レユニオン島で開催された100マイルレース「グランレイド・レユニオン」にて日本人最高位となる総合10位(男子9位)で入賞する。